• THE-B-MART CREW

Chixdiggit! Japan Tour 2019 ライブレポ !!



カナダのポップパンクバンドChixdiggit!がついに再来日してくれました!

Chixdiggit!の来日は2005年の初来日ぶりの実に14年ぶり。前回の来日のときは高校生で、親が厳しくパンクロックのライブなんて行かせてもらえなかったので、今回待望の来日でした。ですので、東京公演のツーデイズどちらも行きました!


■2019/05/25@高円寺Club Roots!

あやしいお店の隣の居酒屋の裏の隙間を掻い潜って進み、地下に下ると現れる高円寺Club Roots。

この日はChixdiggit!だけでなくもちろん国内のバンドの中にも楽しなバンドがいました。

・The Nerdy Jugheads

まずは一番手のThe Nerdy Jugheads!Teenage Bottlerocketライクなポップパンクで、ライブパフォーマンスもパワフルでとてもかっこいい!MCでは、Chixdiggit!がリハでSpanish Feverを少しやってくれたけど早くフルで聴きたいと話していて、メンバーの皆さんもやっぱり大ファンなんだなぁと思いました。大好きなバンドのオープニングができた喜びがすごく伝わってきて、見てるこっちまで幸せになれるライブでした!

・So-Cho Pistons

そして四番手の広島からSo-Cho Pistons。一度見たら忘れられないドラム、ナスさんの8ビート。この日もバケモノかロボットかというくらい正確で高速な8ビートが非常に心地よかったです。フロント二人が男臭く歌い上げる姿もまた魅力的で、立て続けに曲をやってくれて大満足です!ベテランならではの演奏力、でも、パンクで常に攻め続けている感じがやっぱりかっこいいバンドでした。

・Chixdiggit!

そして待望のChixdiggit!。東京の前に大阪、名古屋と回っていて、ネット上でもとても評判が良かったので尚更楽しみでした。

生Chixdiggit!が現れただけでももう衝撃だったのに、一曲目にWelcome to the Daiso!KJの声がレコードで聴いていた通りの本物で感動。前列ではみんながダイソー!って叫んでいて、そんなにダイソー!ってみんなが叫んでいる光景は他所では絶対見れないなと思うとちょっとおかしかったです笑

The Nerdy Jugheadsのメンバーも楽しみにしていたSpanish Feverはライブでは少しレコードとアレンジが違ったり、Quit Your Jobを二回連続でやったりとライブならではの楽しさがいっぱいでした!この日はChupacabrasもやってくれました!

KJ(Vo・G)

お客さんにリクエストを聴きつつな参加型の自由なライブで、会場にいたみんながハッピーになれた一日だったんじゃないかなと思います。その日は、明日もう一回見れる喜びと、あと一回しか見れないという哀しみが入り混じった夜でした。


【2日目】

■2019/05/26@高円寺Club Roots!

先日に引き続き、あやしいお店の隣の居酒屋の裏の隙間を掻い潜って進み、地下に下ると現れる高円寺Club Roots。

この日は昼からのスタートで、この日ももちろん国内バンドも楽しみの一つでした!

・The Hathaways

一番手のThe Hathaways。いかにも若そうな風貌とは裏腹に、サウンドはDescendentsやThe Ergs!を感じさせる、なかなか玄人好みなバンドでした!個人的にもDescendentsやThe Ergs!は大好きなので、一発で好きになりました。案の定The Ergs!のPray for Rainのカバーをやってくれ、もはや自分たちのものにしているってぐらいハマっていてとてもかっこよかったです!6月にアルバムがリリースされるとのことでしたので、これはチェックしないといけません!ジャケはなんとTM Paint!

↓↓↓

https://twitter.com/__thehathaways

https://thehathawaysjp.bandcamp.com

(The Hathaways with T)

The Hathaways “HTWYS” ※2019年6月19日リリース )

http://watersliderecords.com/staffblog/2019/05/10/the-hathaways/

・So-Cho Pistons

この日は二番手のSo-Cho Pistons。So-Cho PistonsとしてもChixdiggit!とのツアー最終日ということで、前日よりも更に気合いが入っていたように思います。MCでは今回のツアーに対する思いを語ってくれとても胸が熱くなりました。ベテランでありながら、若いバンドよりも現役でハイペースに活動する姿がとてもかっこいいバンド!ライブのクオリティは圧巻でした、二日連続で見てもまだまだ見足りないです!

・Chixdiggit!

ラストのChixdiggit!。なんとKJのシャツはTM paintデザインのカタカナTシャツだ!

前日とは異なるセットリストで、この日は前日には聴けなかったMelissa Louise、Hot n Horny、そして何よりお客さんのリクエストによりやってくれたFolks Are Goneが聴けて大満足!個人的にFrom Scene to Shining Sceneには思い入れがあるため、このアルバムの曲が聴けるのはとても嬉しかったです。

(Chixdiggit!)

Chixdiggit!もこの日はツアー最終日ということでMCではツアーを実現してくれたSet You Free、Dumb Records、そしてフライヤー、Tシャツのアートワークを手掛けたTM paintへの感謝を述べていました。いちファンとしても実現してくれたSet You Free、Dumb Recordsには本当に感謝です!(そしてあわよくばもう一回お願いします...笑)

前日オープニングを務めたThe Nerdy Jugheadsのメンバーもフロアで見かけ、やっぱり大ファンなんだと再確認し、また今日もライブ後はみんな笑顔で本当にハッピーな一日になりました!まだ昼過ぎなのに。

 ライブ後はさすが親日のChixdiggit!、ファンと話したり写真を撮ったりサインを書いたりと時間ギリギリまでファンサービスしてくれていました。私も少しKJさんとお話させてもらいましたが、ライブ後は味噌ラーメンを食べに行くとおっしゃっていました笑

二日連続でChixdiggit!を見れるなんて十分すぎる幸せなのに、まだまだ見たいと思わせる本当に最高のバンドでした!是非また見たい!今回見に行けなかった人は次は絶対に行きましょう!楽しいですよ。ここまで長々とライブレポを綴りましたが、最後まで読んでくれてありがとうございます。

(Mr. Ken)

いかがでしたか?途中で勘づいていた人もいたと思いますが。。。

こんなしっかりした文章書ける訳ないやん!!

そう、今回は完全に人任せなBLOGです!笑

いつも人任せなTM氏の悪い癖がうつってしまった。。。


マイメンけんちゃんの完璧なライブレポート!完成度たけぇーー!文章力たけぇ!!


Chixdiggit!はじめましてな方もいらっしゃると思います。

ご安心ください!負けじと僕も頑張ります!


「Chixdiggit!」とはFAT WRECK CHORDS所属のカナダのポップパンクバンドです。

Twenty-five years after forming a band based on t-shirts they made before ever picking up their instruments, Calgary’s Chixdiggit still sounds like catchy summer tunes blasting from car windows. Specializing in three-minute songs that stick in your head for the next three weeks, Chixdiggit has always been more riff than raff. In spite of nearly three decades of a fluid band line-up anchored by singer/guitarist KJ Jansen, their enthusiastic brand of post-punk pop is neither faded nor jaded. Jansen makes use of personal pronouns to draw the listener into stories we have all lived, memoirs of summer flings, infatuation, flirting at day jobs, catalogue models and feeling a bit mystified by life. The tales are charming without being corny, unselfconscious and even a bit cheeky, a cheekiness which gives a lot of space to insert a tongue. Some truths are laid bare with humour, and others are knocked unconscious with it. Wrapped up in unshakable melodies and hooks to rival an elementary school hallway you find parody so close to home that it lives in your back yard. With a Fall tour and a sixth album being released by Fat Wreck Chords in September 2016, fans of the band have much to look forward to. 2012 is the title of the new album that highlights a full year of the band on tour. It’s an exhilarating experience from start to finish that leaves you feeling like you were right there with them: around the world and back again. All in just under 25 action packed minutes!

(from https://fatwreck.com/collections/chixdiggit?view=artist)

TM Paint氏が、手掛けたChixdiggit!のT-Shirtsたちっです!

まじで、このデザインたち。めっちゃ好きです。おさげ具合が、たまりません。

@chixdiggitofficialwith @get_repost ・・・ A holiday treat from Chixdiggit HQ! Check out our new Japanese shirt from @tmpaint ! He made our original @jphibes logo in Katakana! Available for pre-order! These’ll take your Xmas blues and put ‘em where they belong...bottled up! We probably won’t get these to you until very shortly after X-mas, but, that said, we’ll do the next best thing! All orders made between now and December 15th are eligible to get a personalized-type video message from us. Doesn’t matter if it’s for a friend, foe, or yourself, let us know and (probably) KJ will record a video message for you! Help us help you make this the best holiday season ever! Link in bio! #chixdiggit @kjchix @fat_wreck

(CHIXDIGGI JAPAN TOUR2019 T-Shirts Photo by TMY-san)


Chixdiggit! 「Spanish Fever」

(TM氏は1:05あたりのアコギのギターソロが特に好きらしい。)


以上!いかがでしたでしょうか?ほぼ、コピペなBLOGでした!

やばいぞ。。。この人任せなパターンのBLOG!めっちゃ助かるーーーー!


ハマってしまいそう。


ありがとう!けんちゃん!

次もよろしく(笑)けんちゃん!


今度、ガストの若鶏の大葉おろしの醤油ソース奢るね♡

表面はこんがり、中はしっとりジューシーな若鶏のグリルをさっぱり大根おろしでどうぞ。

※お料理の内容は季節により変わる場合がございます。 ※写真はイメージです。実物の形状等は仕入れ等の状況により異なる場合がございます。


(TM CREW // コピぺ by ガスト公式ウェブサイト)

0回の閲覧
  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
6.png

A B-grade market exhibition and shop. TM paint art canvas works and any other funny stuffs are available there.

Feel and enjoy a kind of San Francisco lazy knickknack shop.

footer_contact.png